基本理念

豊橋市社会福祉協議会基本理念少子高齢・人口減少社会の進行と、核家族化等による家族の形態や価値観の変化など、社会福祉に対するニーズはますます多様化、高度化しており、介護保険法の改正や障害者自立支援法の施行など社会福祉を取り巻く環境も大きく様変わりしつつあります。また、公的な福祉サービスの充実を図るだけでなく、高齢者や障害者、児童、子育てなどを地域社会の中で支援していくための環境づくりや人材の育成が求められています。

豊橋市社会福祉協議会は、すべての市民の生活の質の向上と地域福祉活動に取り組むきわめて公益性の高い社会福祉法人として、「福祉のまちづくり」のための事業を一層推し進め、福祉、保健、医療、教育等の関係機関・団体等と連携しつつ、ノーマライゼーションの啓発や市民参加によるボランティア活動の振興及び協働活動の支援、青少年・企業等に対する福祉教育の実践、福祉分野におけるマンパワーの確保、バリアフリーのための活動に対する協力、災害時の要援護者支援体制の確立などに積極的に取り組んでいきます。

また、高齢者や障害者等が住み慣れた地域で、尊厳あるその人らしい生活を継続することができるように支援することを目指す「地域包括ケア」に取り組みます。長年にわたり培ってきた地域福祉に関する専門性やネットワークを活用し、総合相談支援や権利擁護事業、高齢者虐待防止ネットワークづくり、介護予防や見守り支援体制の整備、質の高い福祉・介護サービスの提供や包括的・継続的ケアマネジメントを実施し、すべての人が安心して心豊かに暮らせるための事業を行っていきます。

次のページ(予算)へ移動