福祉資金の貸付など

生活に困っている世帯や障害者世帯の自立更生のために福祉資金を低利でお貸ししたり、火事などの災害に遭った方に見舞金を差し上げています。

生活福祉資金の貸付

低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯の自立更生のために資金の貸付を行っています。(低所得世帯とは、生活扶助基準額の約1.7倍以内の世帯をいいます。)

生活福祉資金の種類
種類 貸付金額 説明





生活支援費 ・二人世帯以上
 月200,000円以内
・単身世帯
 月150,000円以内
生活再建までの間に必要な生活費用
住宅入居費 400,000円以内 敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な経費
一時生活再建費 600,000円以内 生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費でと賄うことが困難である費用



福祉費   低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯の自立のために必要な費用
緊急小口資金 100,000円以内 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に必要な費用
教育支援資金 高校で月35,000円 高校・短大・高専・大学の学費として
不動産担保型生活資金 月300,000円以内 低所得の高齢者世帯に対し、現在居住している不動産を担保に生活費として

生活資金一時貸付

緊急かつ一時的に少額の生活費を必要とする世帯に対し、資金の貸付を行います。

・貸付額・・・30,000円以内

くらし資金の貸付

生活費や医療費で困っている世帯に貸付を行います。

夏期・越年資金等の貸付

生活保護世帯に対し、一時的に生活費等の貸付を行います。

災害見舞金の贈呈

火事などの災害に遭った世帯に対し、見舞金を支給しています。

全焼・全壊 60,000円以内
半焼・半壊 30,000円以内
死亡 100,000円以内

福祉教育振興基金の助成

児童養護施設等の児童が進学するための経費の一部を助成し、児童の自立を支援します。

修学資金(高等学校) 公立 月額10,000円
私立 月額15,000円
養護学校 月15,000円
就学支度金(入学時) 公立・私立高校 100,000円
国公立大学 400,000円
私立大学 600,000円