子どものための施設・事業所

施設・サービスの種類 施設・サービスの内容
乳児院 保護者がいない、あるいは保護者の事情で家庭での養育ができない乳児(保健上その他の理由により特に必要のある場合には、おおむね就学前の幼児を含む)を預って、養育する。
児童養護施設 保護者のない児童、虐待されている児童、その他環境上養護を要する児童(特に必要のある場合は乳児を含む)が入所する施設。児童を養護するとともに、その自立を支援する。
母子生活支援施設 配偶者のいない女性やこれに準ずる事情にある女性が、養育している児童とともに入所する施設。自立促進のために生活支援を行なう。
障害児入所施設 主に18歳未満の障害児が入所し、日常生活の指導、自立に必要な知識、技能の習得などの療育を受ける施設。福祉型と治療機能を持つ医療型がある。
(旧知的障害児施設、肢体不自由児施設)
児童発達支援センター
児童発達支援事業所
就学前の障害児が通い、日常生活における基本的動作や独立自活に必要な知識、技能の習得、集団生活適応のための訓練等療育活動を行う施設。児童発達支援センターにおいては、その専門機能を活かし、通所者以外の障害児やその家族への相談、援助なども行う地域の中核的な療育支援施設と位置づけられており、福祉型と治療機能を持つ医療型がある。
(旧知的障害児通園施設、肢体不自由児通園施設、児童デイサービス)
放課後等デイサービス 学校に通っている障害児が、放課後や長期休業期間中に利用し、生活能力向上のための療育活動に取り組む施設。学校教育と連携し、障害児の自立を促進するとともに、放課後等の居場所づくりを進めている。
(旧知的障害児通園施設、肢体不自由児通園施設、児童デイサービス)

 

施設トップへ戻る