つなげ手ねっ!と

「知ろう!東三河のボランティア」vol.9

書き手:新城はぐるまの会 岡田 節枝 さん

『ひたむきに、休むことなく・・・』

obaasan_woman_tasukeai「新城はぐるまの会」は、昭和57年発足。昭和59年に市福祉課の依頼もあり活動を続けています。それは、友愛訪問より始まりました。ひとり暮らしの高齢者・老世帯・寝たきりの高齢者はご家族のお宅を毎月訪問し、安否確認やお話相手をさせて頂く活動です。私達の訪問が、皆さまの穏やかな生活のために少しでもお役に立つことができれば幸いです。

現在では、会員222名(平成28年度4月)で、8部会があります。
この友愛訪問のほかに

  • 音声訳部(視覚障がい者の方に広報・録音図書・声のはぐるま等の作成発送)
  • 点訳部
  • 手話部
  • 要約筆記部
  • 身障ガイド部
  • 施設奉仕部
  • 赤十字AC部(赤十字の炊き出し・健康生活支援・幼児安全法の講習と普及)
  • があります。学校・保育園(新城市はこども園)・一般と、要請があれば出向いて活動します。

    それぞれの部が、各部員真剣に取り組み「はぐるま」の名称のように、小さな個々のはぐるまをたゆまず回しています。