ぼらんてぃあ通信

『書いて』伝える 『声』で伝える

ボランティアに興味を持った時、「自分に出来るか分からない」、「敷居が高そう」と躊躇してしまう思いが心のどこかにふと湧いてくることがあると思います。「ボランティア」と一口に言っても種類や方法は様々にあり、誰もが普段行っていることを活かして出来るボランティアもあります。

要約筆記今回は障害者を支える活動についてご紹介します。まず一つに、『要約筆記』です。耳の聞こえない方のコミュニケーション方法として手話がありますが、手話を使用しない難聴や中途失聴の方がいます。そういった方たちに、話の内容を要約しながら書いて伝える情報保障活動です。手書きで伝える方法もありますが、パソコンで文字を打って伝える方法もあり、パソコンが得意な方はタイピング能力を活かすことが出来ます。

次に『音訳』です。文字情報を音声に置き換えて目の不自由な方に情報を伝える活動です。目の見えない方の情報保障の方法として点字がありますが、中途視覚障害者の方にとって点字の習得が困難な場合があり、そういった方たちに文字を音訳して情報を伝えます。

ここに紹介した二つのボランティアは、「文字を書く・打つ」「声に出す」という生活の中で普段行っていることを活かして出来る活動です。とはいえ、「要点を押さえて的確に書く」、「略字を使って要約する」、「写真を声で説明する」などの応用方法を駆使して情報を伝える、簡単に見えて実は奥深いものです。

下記講習会では、初めての方でも参加いただけるプログラムで、ボランティア講師が基本から応用までサポート致しますので、安心してご参加いただけます。皆さんの日常の「力」を活かしてみませんか?

  • 要約筆記入門講座の詳細はコチラ
  • あなたの声でボランティア!音訳入門講座の詳細はコチラ