つなげ手ねっ!と

「ボランティアネットワークに参加するグループ紹介」vol.5

書き手:渋茶倶楽部 田中  厚 さん

『車いすで市内電車乗車体験』


この度、あいトピアに近い前畑電停がバリアフリーになりましたので、車いすを利用して豊橋駅まで往復乗車しました。あいトピアから前畑電停まで250メートル位ですが、電停までゆるい下り坂になっています。歩行の時は気が付かなかったのですが、この下り坂を車いすで走行してみると大変なことが分かりました。

(その1)
あいトピアから電車道まで直線の下り坂ですが、スピードがかなり出るためブレ-キをかけるのが大変でした。
(その2)
電車道の歩道には雨水を流す為と思いますが、車道に向かって傾斜が付いています。この傾斜の為直進するのにかなりの腕力が必要でした。歩道の途中に車いすを止める平らな場所があれば一息出来るのではと思いました。
車いす対応の市電は「ほっとラム」1台だけだそうです。乗降は段差が10センチ程有る為自力では出来ず、運転手が介助してくれます。「ほっとラム」の運行は時間がバラバラですので、利用の際には時間を確認する必要が有り、木曜日は点検の為運休となります。乗車しても車いす専用置き場がなくて、混雑時には利用は無理ではないかと思いました。あいトピアへ市電に乗車し車いすで来られる方は、介助者と一緒に来ることをお勧めします。

駅に到着しエレベーターで2階に行き駅舎の中に入りました。駅舎の中に車いすや階段を利用するのに大変な人のために勾配がゆるやかな通路が設置してあります。長さは40メートル程ですが、途中2か所に平面な所があり、車いすが安全に止まれるようになっていました。この場所は車いす利用者にとって大変良い事と思いました。