ぼらんてぃあ通信

書いて伝える『要約筆記』

要約筆記入門講座皆さんは『要約筆記』という情報保障手段をご存知ですか?聴覚障害のある方のコミュニケーション方法として『手話』がありますが、中途失聴や難聴といった、何らかの原因で聴力を失った方の中には、覚えるのに時間が掛かるということもあり、手話を使用しない方も多くいます。そういった方々の情報保障として主に使用されるのが『要約筆記』です。

『要約筆記』とは、話している内容を要約し、書いて伝える情報保障のことをいいます。「書く」作業は「話す」ことよりスピードが遅いので、一字一句全てを伝えることは難しいですが、話しの内容を要約することで、必要な情報を書いて伝えることができます。

方法は大きく分けて2種類で、文字を「書く」という日常生活で行っていることを活かしてできる手書きと、パソコン操作やタイピングが得意な方は、その力を活動に活かすことができるパソコン入力があります。

この活動にご興味のある方は、ぜひ下記講座にご参加ください。この講座で、座学や実践も交えながら、要約筆記の基礎を学ぶことができます。普段から要約筆記活動をされているボランティアの方々が講師となり、分かりやすく教えていただけます。自分の書いた情報を、必要としている方に伝えることで支援に繋がるやりがいのある活動ですので、皆様のご参加をお待ちしています。

⇒要約筆記入門講座