ぼらんてぃあ通信

認知症予防を脳トレで

現在の日本では高齢化社会が進むと共に、認知症を発症する高齢者の人数も増加しています。厚生労働省の発表によると、2020年には認知症患者数が300万人以上になると言われているそうです。誰がなってもおかしくなく、他人事ではなくなってきています。

テレビや雑誌等で認知症を予防するための運動や食事といった様々な対策が紹介されていますが、簡単な読み書き・計算をすることも効果があると言われています。脳の機能は加齢と共に低下していきますが、筋肉のように鍛えることが出来ます。

下記にご紹介している「脳の健康教室」では、週に一回教室に通い、教材やゲーム感覚で行う教具を使って読み書き・計算に取り組んでいただきます。これにより脳の活性化を促し、脳の健康を維持することを目的としています。また、教室に来て一緒に参加している仲間や、教室をサポートしていただいているボランティアさんと会ってお話をすることも脳トレの一環となり、新たな交流が出来るきっかけにもなります。是非一緒に楽しく脳トレしてみませんか?

▼脳の健康教室

・日 時:4月~8月の週1回 9時30分~11時の内の30分程度
         ※牟呂地域福祉センターは13時30分~15時の内の30分程度
・会 場:①総合福祉センターあいトピア 毎週木曜日
     ②八町地域福祉センター    毎週水曜日
     ③つつじが丘地域福祉センター 毎週火曜日
     ④大清水地域福祉センター   毎週金曜日
     ⑤牟呂地域福祉センター    毎週木曜日
・対 象:70歳以上の方
・定 員:各センター20名(申込順)
・料 金:月額1,600円