ぼらんてぃあ通信

人にやさしい街づくり

先日、ショッピングモールへ買い物に行ったときのこと。エレベーターに乗ると、友人が正面の鏡の前で髪型を整えていたので質問してみました。「その鏡って何のためのものか知ってる?」友人は当然のように「髪型や服装を整えるためのものでしょ」と。それも一つの使い方かもしれませんが、他にもっと重要な意味合いがあるのです。実はこの鏡、車いす利用者が、かごの中で方向転換ができない際、バックで出るとき後方確認に使うためのものなのです。

エレベーターの話題が出たのでもう一問。通常の操作ボタンよりも低い位置に車いすマークが付いた操作ボタンがあります。このボタンを押すと通常のボタンを押したときと何が変わるでしょう?答えは、先程も話に出てきた、鏡付きのエレベーターが到着します。さらに扉の開閉時間にも差があります。一般的に通常ボタンは開閉時間が3~5秒であるのに対し、車いすマークのボタンは10秒ほどの開閉時間が設定され、利用者が焦らず、安全に出入りをすることができます。

このように私たちがあまり知らないだけで、「障害のある方」や「高齢者」が使いやすいよう、工夫して作られているものが数多く存在します。「総合福祉センターあいトピア」もその一例であり、皆さんも耳にしたことがある「バリアフリー」や「ユニバーサルデザイン」の考えが取り入れられています。次回来館される際は、様々な工夫を探してみてはいかがでしょうか。