つなげ手ねっ!と

「ボランティアネットワークに参加するグループ紹介」vol.5

書き手:豊橋さなえ会 大羽 久子 さん

「料理講習会を通して」

豊橋さなえ会は、一人暮らしの高齢者や在宅障害者が、健康で社会参加していくためのお手伝いをすることを目的に設立されました。

現在の活動内容は、月に一度の寿弁当作り、高齢者・障害者を対象とした講習会(なかよし料理講習会・ふれあい料理講習会)の実施、高齢者男性を対象とした料理講習会(クッキングパパ)の実施、福祉施設での料理講習会、社会福祉協議会・善意銀行の行事参加などを行っています。

昭和52年に設立され、今年で42年目になります。女性23名で構成され、全員で助け合いながら年間の行事をこなしています。

料理講習会では、参加者5~6名で1グループになり、交流をしながら調理を行います。料理を覚えることももちろん大切ですが、“家から外出し、人と交流する”これが一番重要な目的だと考えています。調理中もそうですが、一緒に作ったご飯を囲んで食べながら世間話をして、毎回楽しい料理講習会となっています。毎年ありがたいことに、30名の応募に対して定員を超える申込みをいただいています。

メニューは、バランスよく、なるべく家にあるもので簡単にできることを重視して、担当会員が献立を考えます。また、デザートも必ずメニューに加えるようにしています。これが参加者から好評です。

どのボランティア団体も抱えている問題だと思いますが、会員の高齢化で活動の縮小をやむを得ません。しかし、令和の時代も無理せず、細く長く活動を続けていきたいと思っています。