ぼらんてぃあ通信

災害時におけるボランティア

世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るう中、日本では7月に豪雨災害が起きました。河川が氾濫し家屋が流されるなど被害は甚大で、復旧に向けて多くのボランティアの力が必要とされました。しかし、新型コロナウイルスの影響によりボランティアの募集が被災県内在住者に限定されたため、ボランティア不足が問題となりました。また、暑い中マスクを着けながら土砂等の撤去作業をするのは、熱中症のリスクもあります。多くの課題を抱えながらの活動は困難を極めますが、その時々に出来る対応を取っていかなければなりません。さらに、台風の季節には再度豪雨災害が起きるかもしれず、また震災もいつどこで起きるか分からないため、誰もが被災する可能性があります。

一人ひとりが災害に対する備えをすることは今までも強く呼び掛けられていますが、新型コロナウイルスへの対策をしながらという今までとは異なる環境下での対応が求められます。万が一被災して支援が必要な場合でも、人の移動が制限されている中では全国からのボランティアの応援を受けることは難しく、地域内で協力していかなければなりません。

そのため、被災後の動きをスムーズにするには、地域の人々の繋がりが大切です。普段からお互いに声掛けを行うなど、地域力を高めていることで、いざという時に助け合うことが出来ます。今一度、防災の備えと共に地域での繋がりの構築について再確認してみてはいかがでしょうか。