つなげ手ねっ!と

「ボランティアネットワークに参加するグループ紹介」vol.1

書き手:ひなたぼっこ 稲垣 等恵さん

「つながり場を大切に」

人と人が温かくつながった地域を願って、2007年から高師校区で活動している「ひなたぼっこ」です。食事作りや企画に関わってくださるボランティアの皆さんのおかげで、「ふれあい食事会」「ひなたカフェ」「ORUひなた」と月に3回の居場所を開催し、地域の皆さんに喜ばれていました。新型コロナウイルス感染症の拡大で飲食を伴う居場所の開催が困難になり7ヶ月間活動休止しました。
 地域に期待されている会です。体力低下も心配です。感染症対策をしながら昨年の10月から新しい形でスタートしました。「家で鬱々していた。みんなの元気な顔が見れて本当に嬉しかった。」と再開を心待ちにしていてくださったのが伝わってきました。
現在は2つの居場所を開催しています。
「ひなたぼっこ」 毎月第3水曜日 10:00~11:30頃 参加費 無料
         内容 健康体操 おしゃべり もったいない交換会
「ORUひなた」 毎月第4水曜日 10:00~11:30 参加費100円
        内容 おひな様や鯉のぼりなど季節の折り紙を楽しむ。
折り紙は人と人をつなぎます。入院患者さんや看護師さんに覚えた折り紙を披露し、一緒に折る事で優しい時間を共有出来たとの報告がありました。
今準備しているのは感染の機会が、比較的少ないと言われている野外での活動です。
近くの公園に集合。体操した後ウォーキングしながら公園を回って宝探し。その後は広場に広がっておしゃべり。ごみ拾いも出来れば地域貢献もなんて構想中です。
市内にはまだ再開出来ていない居場所も沢山あると聞きます。せっかく作ったつながりの場です。出来る事から少しずつ再開してみませんか。