ぼらんてぃあ通信

誰かの耳代わりとなって

『情報保障』という言葉を聞いたことがありますか?これは、障害により必要な情報を入手できない方に対して、別の方法で情報を提供することを言います。方法として、『手話』や『点訳』、『音訳』などがありますが、今回は『要約筆記』という情報保障についてご紹介します。

『要約筆記』とは、聴覚障害のある方のコミュニケーションを助けるため、話の内容を要約し、書いて文字にして伝える方法です。聴覚障害のある方に対する情報保障として『手話』もありますが、人生の途上で、何らかの要因により難聴や中途失聴となってから、新たな言語として手話を習得するのは難しいという方もいます。このような場合に情報保障として使用されるのが要約筆記です。

要約筆記は書いて伝えますが、伝える方法は大きく分けて「手書き」と「パソコン」の2種類があります。「手書き」では、情報保障が必要な方の隣で、紙やホワイトボード等に書いたり、大勢の方に対して、透明なシートに書いたものをプロジェクターを使って映し出したりします。「パソコン」では、タイピング入力したものをプロジェクターに映し出します。手書き作業より早く情報を伝えることが出来ます。

聴覚障害のある方にとって、文字での情報が生活していく上で大切な情報源となります。そういった方々の情報保障のため、要約筆記の活動をされているボランティアさんも多くいます。要約するという技術が要りますが、書くことやパソコン操作が出来れば始めることが出来る活動です。誰かの耳代わりとなり、情報を提供することが出来る活動を始めてみませんか?